3日目★脱原発を実現する議員になるぞ!

2015年4月21日 09時04分 | カテゴリー: 活動報告

竹村さんと事務所前にて

おはようございます。選挙選も中盤3日目になりました。

昨日は、緑茶会の竹村英明さんが応援に駆けつけてくださいました。

訴えって、こうなんだーー。

と竹村さんのを聞応援演説を聞いて、改めて脱帽した私。

プロフィールをみると、
「広島生れ。反公害、脱原発運動を経て議員秘書。環境エネルギー政策研究所。飯田市おひさま事業の実践。エナジーグリーン社にて現在副社長。「緑茶会」代表。市民電力連絡会会長。再エネ電力小売目指して奮闘中。」

これを見てわかる通り、根っからの市民の立場に立って、循環型社会をめざして活動されてきです。
 「緑茶会」Green Tea Party=脱原発政治連盟は、日本初の市民のための政治団体です。
⇒ http://ryokuchakai.com/

国民の8割が脱原発を支持しています。
20万人が原発に反対して総理官邸を包囲しました。
次はそんな私たちの意思を政治に反映させるために、私たちが国会で多数派にならなければなりません。その為の仕組みが「緑茶会!

この写真は、選挙選前日の18日に撮りました。脱原発を追求する市長候補・神田きょうすけさんと、神田さんを応援する4会派8人の市民はです(緑の党・社民党・共産党・生活者ネット!)。

さて、私小川ひろみも、この間、緑茶会とともに脱原発政策基本法をはじめとして、脱原発を実現するための法制度の制定を国会に働きかけてきました。市議会でも筆頭で、意見書を国に上げてきました。
国立の大学通りでの竹村さんの訴えを聞いて、たくさんの真の民意を受け止めて「私が脱原発を志し、実現する議員になる」との覚悟を新たにしました。 

竹村さんと@大学通りスタバ前