そね文子さん、がんばれ!

2010年7月2日 17時30分 | カテゴリー: 活動報告

7/11、杉並区の補欠選挙

 国政の参議院選挙まっただ中ですが、杉並・生活者ネットワークが、補欠選挙に向けて、そね文子さんを擁立し、がんばっています。話題の絶えない杉並区ですが、今こそ、良識ある区議が増えることを願って、私も、そね文子さんを応援しています。

 そね文子さんは、アジアからの留学生をサポートする草の根事業に長く従事してきて、たくさんの友だちが海外にいる人です。国際平和への思いも、親しい友だちが海外にいることが基礎となっていると、そねさんは語ります。

 また、鎌仲ひとみさんの映画『六カ所村ラプソディー』の上映会を仲間とともに開いてきました。6/22の決起集会でも、鎌仲さんはそねさんに向けて応援のメッセージを語ってくださいました。エネルギー政策のこれからを考えて、環境に優しい政策を提案していきます。

 さらに、子育てをしながら、ヘルパーの資格を持って、高齢者や障がい者を介護する福祉の現場で働いてきました。その意味からも、これからの杉並区政に、地に足のついた政策提言ができる人です。
 
 そね文子さんのHPを開いて、動画YouTubeを見ていただければ嬉しいです。とにかく、無名の新人ですので、今回、覚悟を決めて、補選に挑んでいるそねさんを、知っていただきたいと思います。
 やさしい語り口から、人の心にしっかり政策を届け、実行に移していくことのできる人だということが、お分かりいただけるはずです。

 明日4日が告示、1週間の選挙選がスタートします。先日、都議の山内れい子も、応援に駆けつけました。市民の議席拡大に向けて、杉並の市民自治の再生に向けて、生活者ネットワーク全力で、そね文子を応援してまいります!