議員は日々どんな仕事をしているか

2009年10月16日 15時54分 | カテゴリー: 活動報告

予算要望に視察、臨時議会や地域活動など

 快晴の一日、国立市内の田んぼ“われら稲作人”で「稲刈り」を行いました。イナゴやバッタ、カエルが生息する田で、わいわいと、稲刈りと掛け干し(写真参照)。後は11月中旬に脱穀、そして12月に餅つき、で終わります。
 
 この間、HPで報告すべきことが多かったにも関わらず、更新を怠っていました。市民から、議員が議会以外に一体何をしているのか分らない、というお声をよく聞きます。生活者ネットは、メンバーとともに活動していますが、参加した行事等をお知らせします。

●視察:①総務文教委員会→岐阜の多治見市&静岡の掛川市(財政の研修)—10/15・16/②一部事務組合・多摩川衛生組合議会→福島県の郡山市&埼玉県の上尾市—10/29・30
●「国立・生活者ネットレポート」&「山内れい子とひまわり会議レポート」(9月議会報告)
発行と配布—10/20〜
●「議会運営委員会」の人事(副委員長決め)—10/23 *大和副委員長の辞任に伴い、私、小川が新・副委員長に決まる(先日のHPに、「辞任願い」の件、一部、書きました)。
●大学通りと旭通り「歩道ひろびろデー」—10/24
●北都営第2自治会主催:わくわく塾「国立サバイバル 今そこにある危機〜インフルエンザ・地震〜」国立市防災課 黒澤重徳主任—10/24
●消費生活展(生活クラブ生協が出店)—10/25
●北多摩エリア生活者ネット主催講演会:正井礼子さん「報道されなかった阪神・淡路大震災—防災・復興に女性の視点を」—10/25 
●国立市議会議員研修:江藤俊昭教授「自治型社会における議会の役割と課題」—10/26
●「国立市第4回臨時会」(専決処分事項の報告と補正予算3号)—10/26
●東京ネット・広報委員会(12月号以降の「生活者通信」について)—10/27
●「生活者ネット 2010年度への予算要望」市長へ提案—10/28 *国立ネットのHP参照
●山内れい子とひまわり会議+国分寺&国立・生活者ネット主催“生活者ネット・未来集会 政権交代 そしてネットは!? 新しい扉を開く”:山口二郎教授「政権交代とローカルパーティー 地域から変える政治」—10/30

 この間、視察も含めて、テーマとしては、「市民参加型の財政計画のあり方」について、また、「自助と共助体制が問われている防災計画のあり方」が集中しました。12月議会に向けて、改めて再読、確認をしているところです。

 さて、10/30のネット未来集会での山口二郎教授の講演は、深く心に残りました。
 政権交代によって、3つの“脱”—脱権威主義・脱物質主義・脱冷戦構造—をすすめるべきで、地域政党としての生活者ネットは、国政レベルの事柄に関しても(例えば、八ッ場ダムや社会保障制度、温暖化ガス削減、子ども施策)、これまでの政策とノーハウを基本に、自信を持って発言していくべきでは、との叱咤激励をいただきました。
 “政治”に対する市民の不信と諦めをこれ以上広げないよう、私も皆さんとともに活動してまいります。