新年あけまして、おめでとうございます

2009年1月6日 13時28分 | カテゴリー: 活動報告

市民の自立と参加でまちを育てるために

 昨日5日、国立市議会でも初顔合わせの新年の集いがありました。社会情勢が厳しく不安定な時だけに、市議会としても、市民本位の運営に心がけよう、と誓い合いました。
 今週金曜日には、さっそく「国立市2009年度経営方針と行財政運営について」の全員協議会が開催されます。行政から示された今後3年間の「実施計画」に加え、「長期計画・事業費の試算」や「健全化の方策」による財源捻出プランを基に、議会としても、厳しい地方財政をどのように運営していくべきか、建設的な議論の場としなければなりません。
 生活者ネットとしては、まず当たり前のことでしょうが、議員にいち早く示される情報を、市民の皆さまに分かりやすく的確にお伝えしていくことに、今年も心がけていきたいと考えています。さらに、“市民の自立と参加でまちを育てる”ためのしくみを充実させていかなければならないと思っています。
 昨年末の議会において、生活者ネットが提出した「ワーカーズ法(協同組合法)」制定を求める意見書を国に上げることができました。地域において、いま、単に雇用されるのではない主体的な働き方がすすんでいます。それは、市民ニーズに合った介護・家事援助・子育て・配食・援農などなど、自由競争を前提とした従来の経営システムでは事業として成り立ちにくい領域で働く場を創出し、豊かなサービスを提供しています。
 どんな時にも、隣人と手を携え、知恵を出し合って乗り切っていきたいと思います。東京・生活者ネットワーク全体としては、“市民が育てる 東京・未来”をスローガンに、夏に予定されている都議会議員選挙に向かいます。膨大な予算と情報をにぎる都政の閉鎖性に、市民の議席を拡大することで、風穴を開けていくことが強く求められています。暮らしと政治とをつなげるために、今年も、モー烈に頑張ります。
 どうぞ、皆さま、よろしくお願いいたします。