今年も終了!“ピースウィークinくにたち2008”

2008年9月30日 14時04分 | カテゴリー: 活動報告

平和を考える1週間

 28日の日曜日、20日から始まった今年の「ピースウィークinくにたち」が終わりました。国立のまちでは、平和と環境をテーマに、連日、40もの集会・学習会・コンサートなどが、市内各所で開かれていました。
 一方、国政レベルでは、相次ぐ首相の辞任劇に次いで総裁選が行われ、民意を反映することのない新たな日本の首相が生まれ、そんな中で、横須賀では、アメリカ原子力空母艦が配備されることになりました。なぜ? いま? と疑問がいっぱいです。横須賀は原子力発電所を一基抱えたことになり、近隣住民には安全性を危惧する声、原発事故等の不安から反対の声が多くあがっていると聞いています。“環境破壊の一番は戦争”と連日の集会で確認していた時だけに、日本政府が、米国の戦争に加担し、積極的協力をしていく姿勢に大きな疑問を抱かざるを得ません。日本政府は、どっちを向いて政治を行っているのでしょう。国民であるとは思えません。

 私たち生活者ネットの企画した「はちどりのひとしずく」ピースコンサートも、お蔭さまで、50人もの方にご参加いただきました。まのじさん、日高さん、makitoさんの音楽は、今も胸に響いています。平和であってこそ、音楽を楽しむことができる。平和は日々つくりだしていくもの、と改めて実感した晩でした。みなさま、ありがとうございました。

 ★ご案内:真思惟さんの「ピースコンサートinくにたち」
  10/5(日)午後3〜5時 Cafeひょうたん島

 真思惟(まぁーしー)さんには、今回、音楽器材などを快くお貸しいただきました。日曜日には、私もコンサートに伺いたいと思っております。