国立市議会9月議会は9月3日から

2007年8月31日 14時55分 | カテゴリー: 国立市議会

小川ひろみ「一般質問の内容」

 8月31日。葉月、最終の日です。
夕方になると、秋を思わせる涼やかな風が流れ、あの暑い夏も終わったのかなと、私などはちょっと寂しい感じがしています。

9月議会も、来週の月曜日3日からスタートです。
私の一般質問は9月5日(水)3番目、13:00からです。

生活者ネットでは、事務局フル回転で、今議会の注目されるであろう案件や陳情、また、議員全員の一般質問項目を示した「議会・速報」(ネットレポートNo.91)を作成しました。議会でお待ちしています。速報を手に、ぜひ一度、議会へ足をお運びください。
私の今回の一般質問は:
・ 43年ぶりに全国の小中学校で行われた「学力テスト」(4/29)について。まもなく文科省から、結果が市教委に伝えられます。市教委のとらえ方を聞きます。
・ 市民がまちを自治し、また、行政と市民とが協働でまちを豊かにしていくためには、行政資料・情報や市政関連図書が、誰にとっても手に入れやすいしくみが整えらえていることが大切です。国立市の現状を確認しつつ、提案をしていきます。
・ 環境問題は深刻です。私たちは身近なごみ問題から目を離すことはできません。国立市は、今回、懸案であったプラスチック容器包装を、容リ法に基づいて“リサイクル”していく方向に転換していきます。プラスチックごみとは何か?詳しく聞きます。

今回の私の一般質問発言通告書の内容です。
1.全国学力テストについて
(1) 実施状況について
(2) 国立市教育委員会の受け止め方について
(3) 「予備調査」等の結果と現場への影響について

2.市民自治型の市政資料・情報の提供について
(1) 「情報公開コーナー」の現状について
(2) 公共図書館での地域・行政資料の現状について
(3) 自治体情報政策の今後について

3.プラスチック製容器包装ごみの再資源化について
(1) 容リ法による資源化の実施内容と日程等について
(2) 資源化をごみ減量に結びつける方策について